配当はどうやって受け取るの?

株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の配当はどんな感じで受け取るのかと言えね、次の方法がありますね。

・発行会社から直接受け取る
・発行会社が指定口座に振り込む
・株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)式数比例配分方式
・登録配当金受領口座方式

発行会社から直接受け取る方法(あれこれと譭論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)と、予め指定しておいた口座に発行会社が振り込む方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)は、従来からあった配当金(一般的には、1%から2%くらいの配当利回りの株式会社が多いです)の受取方法です。

発行会社から、配当金(一般的には、1%から2%くらいの配当利回りの株式会社が多いです)領収証等が郵送されてきますので、それに押印してから郵便局(郵便物を集めて配送するのが主な仕事でしょう)や銀行に持ち込み、直接現金をもらいますよね。

また、前もって振込み先を指定しておけば、発行会社が直接その口座に振り込んでくれます。

それにさらに、株券(電子化されたことにより、盗難や紛失の恐れがなくなりました。偽造の心配もありませんし、名義書換などもスムーズに行えます)の電子化にともなって、新しい配当金(その会社によって、年に一回支払うところもあれね、二回支払うところもあります)の受取方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)が増えました。

1つは、株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式数比例配分方式です。

これは、配当金(業績が悪かったりすると、無配になってしまったり、配当利回りを下回ることもあります)がそれぞれの証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)の口座に入金される人法で、一つの証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)のみで運用している場合は、その口座に配当金(一般的には、1%から2%くらいの配当利回りの株式会社が多いです)が入金されるのです。

複数の証券会社(大手ネット証券としては、楽天証券やマネックス証券、カブドットコム証券などが有名でしょう)で同じ銘柄(株式投資の際には、慎重に選ぶ必要があります)を運用しているケースでは、保有している株数に応じた配当金(その株式会社によっていくらなのかは違いますし、その年にもよるでしょう)がそれぞれの証券会社(大手ネット証券としては、楽天証券やマネックス証券、カブドットコム証券などが有名でしょう)の口座に入金される仕組みになっているんです。

もう一つの登録配当金(株式会社が利益の還元のために株主に支払うお金のことですね)受領口座方式は、受け取る予定の配当金(その会社によって、年に一回支払うところもあれね、二回支払うところもあります)の合計を予め指定しておいた振込み先に一括で振り込んでもらう方法です。

配当金(その会社によって、年に一回支払うところもあれね、二回支払うところもあります)の受取方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)は、途中で変更する事もできますから、自分に適した受取方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)で受け取るようにされて下さい。

 

003

関連記事

コメントは利用できません。

人気話題

ピックアップ記事

  1. 2017-5-22

    生せっけんっていうのを使って見た。

    雑誌とかで話題になってる、生せっけんっていうのを使って見た。…
  2. 美容院シャンプーの効果

    2016-12-26

    美容院シャンプーの効果

    美容院シャンプーの効果は、市販の家庭用シャンプーに比べて、即効性に欠ける部分があります。 そのため…
  3. サロン専用だった美容院シャンプー

    2016-12-25

    サロン専用だった美容院シャンプー

    美容院シャンプーというと、言わずと知られたヘアサロン専用のシャンプーです。 美容院では、この美容院…
  4. 美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    2016-12-18

    美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    美容院シャンプーの売れ筋ランキングなんて、ご覧になった事ありますか。 この間、たまたま暇つぶしにヘ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る