どうやって株を買う?

どんな感じで株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)を購入するのかって言えね、具体的に言えね証券会社に口座を開設し、その証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)を通じて株を購入します。

その企業(がっちりマンデーで取り上げられると、好感度が上がる気がします)が発行している株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)なのだから、その企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)で株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)を買うんじゃないの?なんて思っていらっしゃる方はいないですか?

市場で株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)を売買行う時には、必ず証券取引所で行う必要があるのです。

けれど、一般人は証券取引場所に立ち入ることはが出来ませんので、代わりに証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)が窓口となり、株の売買を行う仕組みになっています。

そのため、証券会社(大手ネット証券としては、楽天証券やマネックス証券、カブドットコム証券などが有名でしょう)はしっかりと国から営業が認められなければ、営業する事はできないのです。

つまり、私たちが株(ネットでのトレードが主流となっていますね)を購入しようと思うなら、始めてすぐは数多くある証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)の中から好きな会社をセレクトして、口座を開くことから始めなければならないだといえるはずです。

そして、その口座に投資資金を入金し、購入したい企業(がっちりマンデーで取り上げられると、好感度が上がる気がします)の株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)を指定して注文を出します。

すると、証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)はその注文に従い、あなたに代わって証券取引ところにて株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)の売買を行うんです。

ちなみに、証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)に注文を出す場合、購入する値段を指定できる指値注文と、注文を出した時点の値段で購入する成行注文があるため、覚えておくと便利ではないでしょうかね。

 

008

関連記事

コメントは利用できません。

人気話題

ピックアップ記事

  1. 2017-5-22

    生せっけんっていうのを使って見た。

    雑誌とかで話題になってる、生せっけんっていうのを使って見た。…
  2. 美容院シャンプーの効果

    2016-12-26

    美容院シャンプーの効果

    美容院シャンプーの効果は、市販の家庭用シャンプーに比べて、即効性に欠ける部分があります。 そのため…
  3. サロン専用だった美容院シャンプー

    2016-12-25

    サロン専用だった美容院シャンプー

    美容院シャンプーというと、言わずと知られたヘアサロン専用のシャンプーです。 美容院では、この美容院…
  4. 美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    2016-12-18

    美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    美容院シャンプーの売れ筋ランキングなんて、ご覧になった事ありますか。 この間、たまたま暇つぶしにヘ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る