チャートの見方って?

チャートの見方がわかれば、それまでの株価(約定にまで至らない場合には、気配値・けはいねといいます)の動きを数字ではなくて視覚(ヒトの視覚は意外と騙されやすく、錯視が起こることもよくあります)で判断出来るようになって、今後の株(ネットでのトレードが主流となっていますね)の売買の参考にする事ができるでしょう。

一般的な株価(約定があった時の直近価格ですね。株式投資をしていれね、気にせずにはいられないでしょう)のチャートはローソク足で表され、それがグラフ化されています。

そして、このローソク足の中に始値、終値、高値、安値が表現されます。

1日の株価の動きを表現したものが日足チャート(様々な作成手法があり、相場の値動きを分析、予想するのに役立つと考えられています)、一週間の株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)の推移を表現したものが週足チャート(株式、商品取引、為替等の相場の価格などを表わす図表をいいます)、そして、一箇月の株価(約定にまで至らない場合には、気配値・けはいねといいます)の推移を表現したものが月足チャートと言われていますね。

この他にも、年単位や時間単位、分単位のチャートもありますから、覚えておいてください。

このチャート(罫線表ともいいますが、チャートの方が一般的でしょう)の流れをみて、上昇トレンドか下降トレンドか、それとも、レンジ相場(まるで箱の中に閉じ込められているような状態なので、ボックス相場と呼ぶこともあります)なのかなどを読み取ります。

たくさんある投資家(株式や債券、不動産、通貨、先物取引など、投資対象は色々ありますね)たちが、このチャート(テクニカル分析をする際には欠かせません)を参考にして売買を行っていますから、チャート(テクニカル分析をする際には欠かせません)を読む事でいち早く相場の流れについていけるようになるでしょう。

反対に、チャート(様々な作成手法があり、相場の値動きを分析、予想するのに役立つと考えられています)が読めなければ、売買タイミングは全て勘頼りになってしまうみたいです。

それでは、投資とはいえず、まるでギャンブル(一度はまってしまうと、止めるのは難しいといわれています)っぽいものですよね。

株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)投資を行う場合、チャート(罫線表ともいいますが、チャートの方が一般的でしょう)を読むことは基本ですので、きちんと勉強するようにしましょう。

 

004

関連記事

コメントは利用できません。

人気話題

ピックアップ記事

  1. 2017-5-22

    生せっけんっていうのを使って見た。

    雑誌とかで話題になってる、生せっけんっていうのを使って見た。…
  2. 美容院シャンプーの効果

    2016-12-26

    美容院シャンプーの効果

    美容院シャンプーの効果は、市販の家庭用シャンプーに比べて、即効性に欠ける部分があります。 そのため…
  3. サロン専用だった美容院シャンプー

    2016-12-25

    サロン専用だった美容院シャンプー

    美容院シャンプーというと、言わずと知られたヘアサロン専用のシャンプーです。 美容院では、この美容院…
  4. 美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    2016-12-18

    美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    美容院シャンプーの売れ筋ランキングなんて、ご覧になった事ありますか。 この間、たまたま暇つぶしにヘ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る