男女問わずタバコやアルコールが原因のこともある?

男女問わず、タバコやアルコールが不妊の原因になることがあります。

まず、タバコがどのような不妊の症状を引き起こすかについて、説明します。

タバコが体によくないことは、みなさんもご存知ですよね。

男性はタバコを吸うことで、精子の数が少なくなってしまいます。

そして、精子の運動量も低くなり、不妊の原因になってしまうのです。

精子の量や運動量が低下するだけでなく、奇形の精子が増えてしまうということもあるでしょう。

女性の場合は、タバコを吸うことで、着床障害や卵管障害などを引き起こす場合があります。

続いて、アルコールに関して、説明します。

アルコールを過剰摂取することで、男性は奇形の精子の増加や勃起不全を引き起こす可能性があります。

また、女性は排卵障害や生理不順などになる可能性があるでしょう。

妊娠できたとしても、アルコールを摂取することで、通常より2.5倍流産しやすくなるとも言われています。

もし、妊娠したいのであれば、タバコやアルコールは控えるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気話題

ピックアップ記事

  1. 2017-5-22

    生せっけんっていうのを使って見た。

    雑誌とかで話題になってる、生せっけんっていうのを使って見た。…
  2. 美容院シャンプーの効果

    2016-12-26

    美容院シャンプーの効果

    美容院シャンプーの効果は、市販の家庭用シャンプーに比べて、即効性に欠ける部分があります。 そのため…
  3. サロン専用だった美容院シャンプー

    2016-12-25

    サロン専用だった美容院シャンプー

    美容院シャンプーというと、言わずと知られたヘアサロン専用のシャンプーです。 美容院では、この美容院…
  4. 美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    2016-12-18

    美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    美容院シャンプーの売れ筋ランキングなんて、ご覧になった事ありますか。 この間、たまたま暇つぶしにヘ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る