美容院シャンプーと市販品の違い

美容院シャンプーと市販品の違い

美容院シャンプーと市販の家庭用シャンプーとの違い、それはなんと言っても品質でしょう。
美容院シャンプーの多くはアミノ酸系で、ノンシリコンシャンプーです。
それに対し、市販のシャンプーは石油系で、海綿活性剤配合のものが圧倒的多数です。
これは美容院シャンプーと家庭用シャンプーのコストの違いにも大きく現れて来る部分ですね。
何故なら、石油系のシャンプーは、非常に低コストで、一般の消費者好みの品質を作り出す事が出来るからです。
えっ、それなら、何も高価な美容院シャンプーなんて使わなくても、安価な家庭用のシャンプーでも十分なんじゃないの、いい品質なんだったら・・・。
と思われるかも知れませんが、一般の消費者好みの品質というのは、イコール目先の美しさや心地よさという意味で、髪の健康を考慮するものではありません。
一方、美容院シャンプーに求められる品質は、本当の意味での髪のダメージを改善する事と防ぐ事にあります。
だから、石油系のシャンプーではとてもじゃないけど、担いきれないんですね。
そのため、美容院シャンプーの大半は、私たち人間が本来持つアミノ酸による保湿を最大に重視したアミノ酸系シャンプーとなっている訳です。

美容院シャンプーを家庭で使用する場合、気を付けないといけないのは、使用開始時当初の洗い上がりに対する感覚の誤解です。
完全に傷んでしまった髪を美容院シャンプーで洗髪した場合、思いの他ぱさついて、手触りやまとまりが悪いという事がよくあります。
その点、表面を取り敢えずコーティングする事で、手触りやまとまりのいい髪に洗い上げる市販のシャンプーは、即効性が命ですからね。
高価な美容院シャンプーで髪を洗った時よりも、ずっと納得出来ちゃったりなんかする事も多いんですよ。
だからこそ、見た目の美しさを考慮する一般人受けする品質だという訳です。
それに対し、内側から髪の健康を守ったり取り戻したりしようとする美容院シャンプーは、酷いダメージヘアの場合、すぐに効果が現れないのが普通です。
ようするに、サプリメントと化粧品との違いみたいなもので、ほら、化粧品は取り敢えず塗るだけですぐに綺麗になれるじゃないですか。
だけど、サプリメントはある程度飲み続けないと効果が出ない訳で、美容院シャンプーもそれと同じなんですよ。

美容院シャンプーを使い続ける事は、コストパフォーマンスの面から、かなり厳しいと思われる方も多い事でしょう。
けれど、髪や頭皮は大切な体の一部分なのですから、個人的には健康維持の一環として、是非とも美容院シャンプーを使って欲しいなぁっとは思います。
でも、それが難しいのなら、少なくとも、ジメチコン・シクロメチコン・シリカ・シリル・シロキ・シランなどという成分表示には気を付けてもらえればと思いますね。
これらは髪の健康に害を与える可能性のある化学物質、所謂シリコンの一種で、通常美容院シャンプーの成分表示には見掛けられません。
必ずしもシリコン入りのシャンプーが悪いという訳ではなく、先ほどから話しているような、髪を美しく洗い上げるメリットは持ち合わせているのですが、やはりね・・・。
美容院シャンプーとまでの拘りは持たなくても、ノンシリコンシャンプーというものに対する関心は是非持ってもらえればと思います。
こうした髪の健康を考えたシャンプー選びについては、関連のブログやサイトで情報収集されるといいでしょう。
美容院シャンプーを安価に入手する方法なども掲載されていますので、きっといい参考になると思いますよ。

関連記事

コメントは利用できません。

人気話題

ピックアップ記事

  1. 2017-5-22

    生せっけんっていうのを使って見た。

    雑誌とかで話題になってる、生せっけんっていうのを使って見た。…
  2. 美容院シャンプーの効果

    2016-12-26

    美容院シャンプーの効果

    美容院シャンプーの効果は、市販の家庭用シャンプーに比べて、即効性に欠ける部分があります。 そのため…
  3. サロン専用だった美容院シャンプー

    2016-12-25

    サロン専用だった美容院シャンプー

    美容院シャンプーというと、言わずと知られたヘアサロン専用のシャンプーです。 美容院では、この美容院…
  4. 美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    2016-12-18

    美容院シャンプーの売れ筋ランキング

    美容院シャンプーの売れ筋ランキングなんて、ご覧になった事ありますか。 この間、たまたま暇つぶしにヘ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る